台風・大雨・ゲリラ豪雨に備えましょう | 仙台市青葉区周辺の不動産をお探しなら株式会社平和住宅情報センターにお任せ下さい。

株式会社平和住宅情報センター
台風・大雨・ゲリラ豪雨に備えましょう


排水口の詰まりが漏水・浸水を引き起こす?

ベランダの排水口が詰まっていると大雨で水が溢れ、自室に水が浸入し階下へ漏水や浸水しかねません。
必ず排水口まわりの、ゴミや木の葉などを取り除いてください。
日頃から忘れずにお掃除しておきましょう。
ベランダや共用部に置かれている荷物など、飛来する恐れのあるものは事前に取り込んで下さい。

風雨に備えて、自室まわりをチェック

台風シーズンになったら自室まわりの点検をすることが大切です。
特にシャッターは直接風雨を受ける場所なので、しっかりとしたチェックが必要。
さらに内側のサッシを含め、がたつき・ゆるみ・ロックなどを確認してください。

転倒の可能性がある物は、補強・収納する

風を受けて転倒する可能性のある物をチェックし、
所有している自転車、ベランダに置いてある物や物干し竿などは補強・収納しておきましょう。

停電や避難に備え、非常持出袋の用意を

停電や避難に備えて非常持出袋の用意が必要です。
情報を得るための携帯ラジオもあると便利。
真っ先に必要となる懐中電灯はすぐに取り出せるようにしておきましょう。
常備水、乾電池の補充など確認ください。

台風通過時には戸締まりのチェックをお忘れなく

自室のシャッター・サッシを閉め、必ずロックしてください。
風圧に対する抵抗が強くなります。また暴風時に窓や玄関ドアを開ける場合は、
強風が吹き込み、建物内に影響を与えてしまうことがあるのでご注意ください。

雨漏れを発見したら?

風の向きによって、まれに雨漏れなどが発生する場合があります。
二次被害をなくすため、下に置かれている荷物を移動して頂き、洗面器などを置くなどの一時対応を入居者様自身で行っていただき、管理会社へ御連絡お願いします。

 

情報を積極的に入手・活用

テレビやラジオの台風や大雨の予報は、たびたび修正されます。
積極的に情報を取り入れ、台風や大雨の前に対策し終えておくことが大切です。
床下浸水・床上浸水の恐れがある場合は、
ガスの元栓や電気のブレーカーを切って台風・大雨の通過に備えます。
また、台風時のケガは、飛来物によるものが多いので、外出はやめましょう。
事前に携帯電話等で、避難所の確認をして下さい。

台風・豪雨の通過時には給気口を閉じる

外部から風雨が逆流する恐れがあるため、居室の換気扇、給気口、キッチンの給気口などを閉じてください。雨漏れ被害が発生します。

駐車場の車両など

機械式駐車場や地下駐車場はゲリラ豪雨時、排水限界を
超えてしまう可能性があります。車両の水没など想定される場合は
各自で車両の移動などご検討下さい。天災扱いになりますので
各自の任意車両保険を事前に確認しておくことをお勧めします。

 

投稿日:2019/11/01